読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は今日も生きている

ぼんやりと感じたことを綴ります

貯蓄のない人が増えているらしいです。少し前にこんなブログ記事が話題になりました。

cards.hateblo.jphttp://cards.hateblo.jp/entry/tanshinsetai-chokin-zandaka2016/

 これって非常に危険な状態を表すデータです。このままだと単身世帯の生活保護はますます上がる一方でしょう。2人に1人は蓄えがなく、その割合は若くなるに連れて上がります。確かに若いときほど後先考えて浪費に走りがちでしょうがそれでも行き過ぎの感があります。40代や50代でも貯金0の人が約半数というのは問題ではないでしょうか?日本の将来が心配です。

直感的にご理解頂けると思いますが、貯金が無かったら老後は身内や生活保護等の社会保障に頼らなくては生きていけません。老後は年金があるとは言えそれだけで生活をしようとしてもなかなか厳しいものがあります。

そもそも年金というのは貯金を前提とした仕組みです。「年金だけでは生活できない」とよく言いますが、年金というのはあくまで「生活の足し」にするためのお金なのです。そういう制度設計なのです。加えて国民年金は定年の心配なく働いて稼げることも前提にしています。それなのに貯金が出来ないとなると、年を取ってリタイアし、収入が途絶えるとたちまち大貧困に陥ります。単身世帯の半分がその予備軍というのが今回のデータが示す驚くべき事実です。

これで良いのか、日本。ダメなんだけど景気が良くならないことにはどうしようもないし、良くしようと思っても簡単に良くなるものでもないし。。。貯金がなくてもなんとかなる仕組みを作ることが出来れば良いのでしょうけどやはり夢物語なのでしょうか?

気になったので二人以上世帯位の貯蓄状況も調べてみました。ソースは冒頭に挙げたブログと同じです。

時系列データ(昭和38年から平成28年まで) ― 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] | 知るぽると

このページからExcelファイルをダウンロードしてグラフ化してみました。

f:id:bokuhaikiteiru:20170425213739p:plain

グラフ:二人以上世帯の貯蓄状況

 

 意外なことに10年前と比べて不変、もしくは微増と言ったところです。ちょっと安心したような気もします。

 問題は1人世帯にあるようなのですが私にはちょっと理由や背景が分かりません。とにかく単身世帯の半分は「隠れ貧困」とでも言うべき状態にあるようです。繰り返しになるのですがこのままだと生活保護受給者になりやすい層です。数十年後の日本は、今より暗い世の中になるのではないかと独り気をもんでいます。